• ホーム
  • プロフィール
  • 政策・ビジョン
  • 後援会のご案内
  • 活動報告
  • ご意見・ご要望・お問合せ

坂巻儀一6つのビジョン

これまでの経歴・経験を活かして、「人と人が笑顔でつながる」新たなまちづくりを進めます。

人と自然の調和がとれたまちづくり

選奨土木遺産、近代化産業遺産に認定されている利根運河は、現在では本来の役目を終え、地域住民や来訪者の憩いの場として、また、その歴史的価値が評価され、エコツーリズムの資源としての可能性が見出されております。国土交通省が推し進める「利根運河エコパーク実施計画」に基づく事業推進をはじめ、河畔の公園の再整備(トイレ、防犯灯の増設等)により利便性と利根運河の認知度を上げ、ツーリズムによる地域の活性化を図ります。 また、すでに進められている流山本町周辺の歴史あるまち並みの保存と再生化、自然と地域を守り、人と自然の調和がとれた、住みよいまちづくりを進めます。

教育と文化の向上

PTA関連職や青少年育成関連職の経験を生かし、青少年の健全なる育成、教育の充実、スポーツと文化の振興を進めます。また、海外での事業展開の経験を踏まえ、年々進んでいくグローバル化の流れに対応した産・官・学が一体となった国際教育を推進します。 さらに、史蹟名勝や文化財、伝統文化の保存と継承に努めます。

地域の産業/農業と経済の活性化

地域の産業と農業を守り、経済を発展させていくために、(社)流山青年会議所や流山商工会議所で培った地域経済人との絆、会社経営で培った企画推進力を活かし、新しいサービスや事業を創出します。 また、国際化の流れに対応し、交換留学・技術交流・海外研修などを通じてアジア諸国と連携し、地域経済活性化の仕組みを作ります。

市民福祉の充実

少子高齢化社会に向け、子育て世代への支援として、待機児童ゼロを目指すとともに、学童クラブの拡充を推進します。また、高齢者およびその介護世代への支援として、高齢者ふれあいの家の拡充と健康寿命の延伸施策の推進を目指し、市民が笑顔で過ごせ、子供やお年寄りが安心して暮らせる福祉施策を実行します。

暮らしの便利と安心の確保

つくばエクスプレス沿線の開発および整備による新しいまち並形成と既存の生活道路の整備や小戸数地域へのインフラ整備は、同時に推進する必要があります。 生活道路や上下水道などの都市基盤の更なる整備や、運河駅周辺の交通問題の解消を目指し、誰もが便利で安心して暮らせるように、地元市民の皆様からの要望を広くお聞きし、市政に反映します。

防災ネットワークの構築と姉妹/友好都市との交流推進

近隣の自治体はもとより、流山市の姉妹都市である福島県相馬市、長野県信濃町、石川県能登町、友好都市の岩手県北上市とも連携し、災害時の相互応援協定に伴う訓練等を行います。将来起こり得る大災害に対応できる多都市間防災ネットワークの強化と、災害に備える仕組み作りを進めます。 また、災害時のみならず、流山市民まつりや青少年育成事業、市民の観光訪問企画などを通じて姉妹・友好都市との交流と絆を更に深め、互いの街の活性化への相互扶助活動となる「結(ゆ)いのまちづくりプロジェクト」の提案をします。